消化不良の原因、症状!起こりやすくなる悪習慣とは

消化不良の原因、症状!起こりやすくなる悪習慣とは

消化不良は年齢関係なく、起こりますよね。

 

消化不良に悩まされたことのある人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな消化不良ですが、4人に1人は経験すると言われているんですよ。

 

 

消化不良の症状とは?

 

 

消化不良にはさまざまな疾患や症状があり、
胃腸の働きが弱くなることによって引き起こされます。

 

 

まず最も一般的なのが、胃の不快感と共に胃痛を伴うといった症状です。

 

 

胃酸が出過ぎることによって胃に強い刺激が与えられるため、このような症状が起こってしまいます。
酷くなると胃酸が逆流するので、食道の粘膜が炎症を起こし、吐き気やげっぷ、胸やけなどを起こします。

 

 

腹痛や下痢などといった症状も消化不良が原因の可能性もあります。

 

 

暴飲暴食によって胃腸の消化機能に遅れが生じ、
食べたものから必要な栄養素や水分などを吸収することができず、
そのまま排泄してしまうことによって起こります。

 

 

この状態が続いてしまうと栄養が吸収できないので体力だけでなく気力も落ちてしまい、更に免疫力低下にも繋がります。

 

 

発熱などといった症状がみられることもあるんですよ。

 

 

こちらは、先ほどの免疫力低下が原因となります。
発熱だけでなく、頭痛や食欲不振などといったものも引き起こす可能性があります。
消化不良によって引き起こされる症状はこんなにたくさんあるんですね。

 

 

消化不良にはこんな悪習慣が関係している

 

 

消化不良はなぜ起こるのでしょうか?それは、生活環境に問題がある可能性が高いです。

 

一番多いのは、やはり食べすぎ飲みすぎの暴飲暴食でしょう。

 

 

例えば、刺激の強い食べ物、にんにくや唐辛子、脂肪の多い食品を食べ過ぎたり、
アルコールや炭酸飲料の飲みすぎなどですね。このようなものを食べすぎたり飲みすぎたりすると、
胃酸の分泌が乱れることとなり、消化不良が起こりやすくなります。また、早食いなどもNGです。

 

 

 

過労やストレスなども消化不良を引き起こす可能性があります。

 

 

自律神経のバランスが乱れてしまうと、胃腸の機能が低下するため、消化不良になります。

 

過労により免疫力が低下していると、
風邪やインフルエンザにかかりやすくなるので、下痢などが原因で消化不良になってしまうことも。

 

 

他にも深夜帯の食習慣があったり、煙草なんかも消化不良を引き起こす原因となっているそうですよ。

 

 

消化不良が続くと病気になる可能性がある?

 

 

消化不良が原因で起こる病気というのも、実は存在します。
それも1つだけでなく、いくつか存在するのであまりにも消化不良が続くようであれば病院でみてもらうことをおすすめします。

 

 

病気の中でも、逆流性食道炎が最も多いとされています。

 

 

胃酸が口の方へと逆流してしまい、食道の粘膜が炎症を起こしてしまう病気です。
胸焼けを起こすだけでなく、胃酸が横になったときに逆流したり、酷いと嘔吐に繋がることも。

 

びまん性食道痙攣は、食道の筋肉が痙攣を起こすことによって、
食べ物を胃へと送ることが難しくなり、胸痛を起こします。

 

 

自律神経のバランスが乱れてしまった際に起こりやすいそうですので、
ストレスを溜めやすい環境にいる方は注意が必要です。

 

 

他にも、酸によって胃などが傷つくことで腹痛や嘔吐、吐血の症状が現れる消化性潰瘍や、
ストレスを感じた際に下痢や腹痛などを起こす過敏性腸症候群などもあります。

 

 

 

消化不良はこんな方法で予防しよう!

 

 

消化不良にはさまざまな原因があり、病院で見てもらうのが一番効果的ですが、
やはり自分で予防できるところは予防していきたいですよね。

 

普段の何気ない生活を見直してみるだけでも改善されるかもしれませんよ。

 

例えば朝食はしっかりと食べるといったことが推奨されていますが、
起きてすぐ食べるのは胃腸の活動が鈍いのであまり良くありません。

 

 

特に、朝たくさん食べる方は要注意です。

 

 

胸やけなどが気になる人は、
朝食をフルーツや温野菜などに変えるといった方法を取ると良いかもしれませんね。

 

 

昼食は外食になる方も少なくないと思いますが、
酵素不足にならないよう気をつけましょう。こちらでも食べすぎは厳禁ですよ!

 

 

夜食ですが、仕事で忙しい場合でも就寝2〜3時間前に摂取することが好ましいです。
できるだけ夜8時ごろまでには夕食を済ませるようにするのが理想です。

 

 

また、スナック菓子や甘いものといったものは、できるだけ食べ過ぎないようにしましょう。
アルコールや煙草もほどほどにしておきましょう。

 

 

日々、胸やけや胃に不快感を感じているのであれば、一度生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?
消化不良はさまざまな病気に繋がるので、そのままにしておくと大変なことになるかもしれません。